「ことばと文化ゼミ」の概要

筑波大学社会・国際学群国際総合学類の「ことばと文化ゼミ」、通称「井出ゼミ」はことばそのものだけでなく、人びとのやりとり(相互行為と言います)に着目し、そこに見え隠れする社会や文化を読み解くための研究を主に行っています。

ゼミスケジュール

春学期:輪読中心による基本的知識の確認をしつつ、卒業論文の研究計画を叩き上げてゆきます。秋学期:卒業研究では各自の分野に関する書籍、論文購読の報告を題材にしたディスカッションを行っていきます。また独立論文の研究計画をたてます。春、秋ともにCモジュールではオフィスアワーを用いた個別指導を行います。

年間の主な行事として、春学期と秋学期の間にある夏休みにはゼミ合宿(一泊二日)、12月下旬には井出家にてクリスマス会を実施し、 年が明けた2月には次年度のゼミメンバーとの顔合わせを兼ねた公開論文発表会&お疲れ様会を行います。

  • 4月~7月(春学期):基礎文献/入門書等の輪読
  • 8月~9月(夏休み):ゼミ合宿(一泊二日)※昨年度は大洗
  • 10月~12月(秋学期):論文(ディスカッション&指導)
  • 12月下旬(年末):クリスマス会@井出家
  • 2月上旬(年度終わり):公開論文発表会&お疲れ様会

論文執筆要項

「ことばと文化ゼミ 論文執筆要領―引用表記・図表・注釈・謝辞・参考文献の書き方―」を用意しています。井出ゼミにて論文を書くにあたって参考にして文章を執筆するためのものです。

下記は「論文執筆要項」の最初に記した心得の抜粋です。他にも、「引用表記・図表・注釈・謝辞・参考文献」の書き方について例を用いて説明しています。

論文を書くうえでの心得

  1. 書けるところ(章)から書く。
  2. 目次は何度でも書きかえて、アップデートする。
  3. パラグラフ(段落)単位で考えて書く。
  4. 知っていることをすべて書かない。
  5. 分からなくなったら常に問題意識(問い)に立ち返る。
  6. 概念や用語は定義しつつ用いる。
  7. 自分の文章としての本文と他者のことばとしての引用文を明示的に区別する。

学部ゼミ

2019年度は、毎週火曜日の3・4時限目(12:15~15:00)に中央図書館3Fセミナー室Dで実施します。兼ゼミ、見学等いつでも受け付けます。

2019年度春学期に輪読する教科書:井上逸兵(2015)『グローバルコミュニケーションのための英語学概論』慶應義塾大学出版会、石上文正・高木佐知子(2016)『ディスコース分析の実践―メディアが創る「現実」を明らかにする」くろしお出版

学部ゼミメンバー(2019年度)

学年名前研究テーマ
4年梶間ひかり(準備中)
4年鈴木駿汰AIが翻訳してくれる時代に英語教育は必要あるのか
4年芥田衣未イギリスと日本における格差の比較
4年荒井愛理台湾原住民とそのアイデンティティ
4年田中美帆言語景観
4年チャ・スジン日英語のフィギュアスケート解説分析
4年山本在日本におけるアフリカからの留学生受け入れ
4年山本りりなバイリンガル・セミリンガルのアイデンティティクライシス
3年阿部麻理菜(準備中)
3年左近早
3年田嶋翔

大学院ゼミ

下記のゼミメンバーは井出の主指導生です。このほかに副指導の院生や研究生などが任意で参加しています。各自の研究を前進させ、また同じ分野的関心をもつメンバーと討議をするために、院生主体で自由に活動をしてもらっています。2019年度のゼミ日は水曜日4時限目(予定)。 院ゼミ参加希望者は井出までご連絡ください。

大学院ゼミメンバー(2019年度)※主指導 

学年名前専攻
D2アナスタシア・ベンダー社会言語学・批判的談話研究 (初対面会話)
D2儲葉明語用論(否定的評価)
D1井濃内歩言語とアイデンティティ/イデオロギー
M2狩野優子神学/言語人類学(神と人間のコミュニケーション)
M2(休学)青山俊之言語人類学/批判的談話研究(自己責任ディスコース)